先日、本社と安中営業所にて避難訓練及び水消火器による消火訓練を行いました。

今回は本社2階給湯室からの出火を想定した訓練となり、実際に感知器を作動させ非常ベルが鳴る中で、初期消火や誘導する係等それぞれの役割をこなしながらの避難となりました。

私自身も入社してから毎年この訓練を行っておりますが、非常ベルが鳴った瞬間は緊張が走り、訓練とはいえ動揺してしまいます。
先日も新潟県で工場火災による多数の被害が発生し、万が一の際に向けた訓練や避難経路の把握等、日頃から防災意識の重要性を再認識させられます。

水消火器を使用した消火訓練では、実際にお客様の前で使用方法や使用上の注意点等の説明する機会も多い為、毎回その年の新入社員が社員の前で実践しており、本社はCS課の女性社員、安中営業所は営業課の男性社員が行いました。

今後も皆様の前でこのような活動を通して、防災への意識向上に貢献できるよう努めて参ります。