12月10日(木)グリーンドームにて開催された「進路のミカタLIVE!前橋会場ミライバシ2020」に初参加しました。県内の様々な業種の企業や大学、専門学校等約90のブースが出展し学生自身の進路選択に役に立つイベントを各ブースでコロナ対策をしつつ工夫を凝らしながら参加してました。

そんな中で、今回初めてCS課の社員さんに自動火災警報装置のデモ機を会場に持ち込み、学生への説明と感知器点検の疑似体験をしてもらいました。

やはり、実際に機器を操作することで普段の説明会に比べて、弊社の仕事内容の理解や興味の高さが伝わってきて私自身よい刺激になりました。今後もこのような体験を説明会でもできればと考えております。

今回このようなコロナ禍で開催していただいたマイナビや前橋市産業政策課の方々、ご参加いただきました学生や先生をはじめとする学校関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

今回の弊社のテーマです

今回の弊社テーマです。

各学校が時間帯ごとに分散し入場します。

点検報告書の書き方を指導中

自火報の説明後、実際に試験器の煙や熱で感知器を作動させてもらいました。

 

 

 

 

もちろん企業の説明も行いました。