先日、本社にて防災訓練を行いました。今回は倉庫からの出火を想定した訓練で、実際に感知器等を作動させて社内にベルの音が鳴り響く中、それぞれの役割に従って社外に避難しました。訓練と理解してもベルが鳴ると緊張感が一段と増し、実際の火災に遭遇したら自分自身が冷静な対応ができるかどうか少し不安になり、日頃からこういった訓練を定期的に行うことの重要性を感じました。

また弊社ではお客様に向けた防災訓練(建物の大きさや用途、収容人員によって実施義務があります)や消火器の使用方法等の説明も行っており、実際にその練習もかねて新入社員や比較的入社歴の浅い社員さんにその説明を避難訓練終了後に行ってもらっています。今回は今年1月に入社した元高校球児のFさんに行ってもらいました。今後皆様のところで訓練で伺った際にはぜひよろしくお願いいたします。

ちなみに最後の写真は弊社代表宮崎の火災現場(模擬)に向かうアスリート並みのスタートダッシュですのでぜひご覧ください!!

 

初期消火の場面です。防災責任者に各係が無事を報告します。Fさんが消火器の使用方法について説明しています。水消火器を使用しての消火活動も行います。火災現場にスタートダッシュ!!